しっかり伝わる、仕事がうまくいく!

『「デキる人」になる話し方』
~あなたは他人に「話し方」で評価されている!~

【目次】

 

―はじめに―


 

第一章 話し上手になる心得6カ条

    1. 人の振る舞いから学ぶ
    2. 意識して「良い癖」をつける
    3. 「いい!」と思ったら即実行
    4. 聞き上手が勝利を手にする
    5. 身体の言葉に敏感になる
    6. 物事の捉え方を磨く


 

第二章 「癖」で分かる自分の話し方

    1. 自分の考え方の癖を知ろう
    2. 「言いにくい」ことはどう伝える?
    3. 「迷惑している」ことをどう伝える?
    4. 「苛立ち」をどう伝える?
    5. あなたは話し上手か、話下手か?
    6. “勘違いさん”になっていないか?
    7. 話す角度を変えてみよう
    8. 自分と折り合いをつける


 

第三章 人前であがらずキチンと話す方法

    1. 人前であがるのは当たり前
    2. 準備を周到にしておく
      ○ 人前で堂々と話す準備のコツ
    3. 話す内容を深める
      ○ 話に芯を入れるステップ
    4. 話の骨組みを作る
      ○ 話の骨組みを作る法則
    5. 話にインパクトを持たせる
    6. 本番直前に準備すること
    7. 一瞬で信頼を得られる自己紹介
    8. 本番中にあがらずに話す方法


 

第四章 相手の心をグッと引きつけるコツ

    1. 見失ってはいけない「目的」
    2. 目的を伝える「手段」を選ぶ
    3. 相手の「意図」を知る
    4. 相手の心をグッとつかむ
    5. 人は見た目で決まる
    6. 準備の「型」を覚える


 

第五章 「デキる人」の伝え方・依頼のし方・断り方

    1. 人に分かりやすく伝える方法
    2. 反対意見をスムーズに通す方法
    3. 人から信頼を得る方法
    4. 気持ちよく断る方法
    5. 暴言をスマートにかわす方法
    6. 断られず快諾してもらう方法
    7. 質問にうまく対処する方法


 

第六章 仕事で信頼される話し方

    1. 上司との絆は、報・連・相
    2. 3つの「報告」でキメる
    3. 「連絡」は人と人との潤滑油
    4. 「相談」は上司使いの妙手
    5. 上司とのギャップを埋める
    6. ダメ上司にならない部下のほめ方
    7. 部下の納得を引き出す叱り方
    8. 部下をソフトに動かす方法
    9. 部下を的確に動かす方法


 

―おわりに―