『部下が思い通りに動いてくれるNLPリーダーシップ術』

【目次】

 

―はじめに―


 

第1章 リーダーシップとは

    その1 目標を達成するために人を動かすことのできる人
        ●部下が一人でも大勢でも、リーダーはリーダー
    その2 リーダーシップに正解はない
        ●状況に応じたリーダーシップスタイルをとろう
    その3 リーダーシップに求められる3つのスキル
        ●リーダーに望まれる技術………カッツモデル
    その4 コミュニケーションとは「考え・情報・感情などを伝達・共有し合う」こと
        ●対人コミュニケーション
        ●コミュニケーションのレベルを一致させる
        ●コミュニケーションがうまくいかない理由
    その5 部下が理解できる言葉で話さなければならない
        ●リーダーは部下が理解できる言葉で話す
        ●言葉の使い方
        ●言葉の外延と内包


 

第2章 リーダーシップの基本スキル──ペーシング

    その1 リーダーシップとは対人関係能力
        ●部下の心の中には共通する部分がある
    その2 印象操作で人望をアップさせる
        ●人は嫌な人の言うことを聞かない・人は好きな人の言うことをよく聞く
    その3 部下は、事実でなく、言葉に反応する
        ●部下はリーダーの言葉そのものに反応する
    その4 部下は、上司の人の外見・態度で判断する
        ●会議やミーティングで部下の発言がない
        ●対人関係の壁(メラビアンの法則)
    その5 投げたボールと同じボールが自分に返ってくる
        ●返報性の法則
    その6 心の内側にふれたとき、人は好意を持つ
        ●開放性の法則
    その7 類似性の法則を活用する……ペーシングテクニック
        ●共通性がないなら意図的に共通点を作り上げる
    その8 対人関係のマジック
        ●まず部下に合わせてから、次にリードしていく
    その9 ペーシングテクニックの使い方
        ●“初対面でも話が弾む”
    その10 身体のペーシング……Karada
        ●自分と同じ姿かたちの人_信頼できる人
    その11 言葉・話し方のペーシング……Kotoba
        ●部下の声や言葉に合わせる
    その12 考え方・感情:ムードのペーシング……Kokoro
        ●自分を受け入れてくれた上司に対しては受け入れようとする
    その13 リーディング(部下をリードする)
        ●自分のペースに部下を乗せていく


 

第3章 「聞き方」がリーダーシップの基本

    その1 「聞き方」の重要性に気づいていないリーダー
    その2 リーダーは聞くことが苦手
        ●人は話すことで癒される
        ●聞き方のテクニック……真剣に聞いていると認識させる
    その3 聞く姿勢を作る
        ●仕事の手を止める
        ●クローズド姿勢・オープン姿勢
    その4 アイコンタクト
        ●鼻から口元、のど、ネクタイの結び目を見るくらい
    その5 うなずく
        ●うなずいていると「話を聞いている」と思う
    その6 あいづちを打つ
        ●「話を聞いていますよ」というメッセージを声に出して伝える
    その7 リフレクティング(オウム返し)
        ●相手の話をしっかり受け止めていると認識させる
    その8 口を挟まない
        ●部下の話をすべて聞いてから、あなたの話を始める


 

第4章 本当に効く「叱り方」

    その1 叱れないリーダー
        ●「叱ること」より「誉めること」なのか?
    その2 部下に現在の行動を変えて欲しいから叱る
        ●何のために部下を叱るのかを改めて考える
        ●「叱る」の第一段階……変えるべき行動を認識させる
        ●「叱る」の第二段階……どう変えるかを示唆する
    その3 効果的な叱り方
        ●指摘→認識→示唆
    その4 こんな場合は、こう対処する
        ●どんなタイプの部下か
    その5 相手にぶつけた感情が自分に戻ってくる──ブーメラン効果
        ●怒鳴っても効果は期待できない
        ●なぜリーダーは怒鳴るのか
        ●怒ってしまったら──「悪かった」のひと言の効果


 

第5章 リーダーの永遠のテーマ──部下の「やる気」

    その1 部下をやる気にさせ、行動を促す
        ●動機付けのツボ
    その2 そうなっては困るという“回避モチベーション
        ●ひどい目に遭わされたくないために行動する
    その3 相手の期待に応えたいという“期待の法則”
        ●リーダーの期待が部下のやる気を育てる
    その4 優秀なリーダーはやる気をどう引き出しているか
        ●過剰の期待が部下を潰す
        ●動機付けの強さと得られる利益の不思議な関係
        ●リーダーの利益と部下の利益
    その5 動機付け理論
        ●やる気・欲求×期待×報酬_行動(結果・成果)


 

第6章 部下が自ら動いてくれるために

    その1 部下の能力を引き出すために
    その2 なぜコーチングが注目されるのか
        ●変化の激しい時代に柔軟に対応できる部下を育成する
    その3 部下に自発的な行動を促す
        ●自らが考え行動できる人材を育成していくための手法
    その4 リーダーの話し方ひとつで部下の行動が決まる
        ●コーチング手法とは「話し方」と「質問の仕方」
    その5 コーチングの鉄則
        ●解決策を見つけ出す方法は、部下の中にある
        ●KEY(鍵)は「質問力」
    その6 特定質問を使いながら拡大質問を使っていく
        ●拡大質問(←→特定質問)
    その7 過去質問よりも未来質問のほうが効果的
        ●未来質問(←→過去質問)
    その8 否定質問よりも肯定質問を意識して使う
        ●肯定質問(←→否定質問)
    その9 部下にはこう使おう(実際例として)
        ●悪い例では特定質問が多くなる
    その10 よくやってしまいがちな詰問
        ●特定質問の連続、「なぜ」で始まる質問は使い方に注意
    その11 まず部下の意見を認め、提案する
        ●1つの意見として認めた後、判断・提案する